善家塾塾生、夏期講習中、学力覚醒中。

漢文のような、早口言葉のようなタイトルですが、

お盆の中、暑い中、塾生頑張ってます。

今回は、数学について。

通常授業は学校よりちょっと先の予習内容をやってますが、

夏期中は、

3年生は共通テスト対策、または、志望校の個別試験に向けた対策。

1,2年生は、通常授業ではあまり扱わないような記述問題。

中学生は、予習復習といった内容。

この講習中は、いつもより生徒のスイッチが入る瞬間が多い。

今までわからなかったり、曖昧にしたりといった内容が、

学んだときから少しの熟成期間を経て、この講習によって、

「そういうことか!」

と消化する瞬間がある。そして、問題が解けるようになる。

まさにスイッチが入った瞬間。

その瞬間に立ち会えて、さらに鍛えることができる。

これが対面授業の良さ!